堕胎薬や生理痛の緩和にピルを服用することがある

我が国においても、避妊薬として広く知られているピルですが、このピルには本来の避妊目的以外にも、様々な効能があるといわれており、違った目的で治療に用いられることもある医薬品です。今主流となっている低用量ピルは、副作用のリスクもほとんどなく安心して服用できるようになっていますが、避妊効果を高めるだけではなく、生理痛の緩和などにも高い効果を発揮してくれるので、生理時のストレスを軽減させるために服用している女性も少なくありません。ピルを飲むと、生理時の出血量が減少する作用が働くので、必然的に生理痛が緩和され、今まで鎮痛剤が手放せなかったというほど生理痛がきつかった女性でも、普段と何ら変わらない生活を営めるようになります。経血量が減ると、生理用品を取り変える煩わしさもなくなり、貧血も改善され、においやムレなどの心配もなくなります。重い生理痛と関係している子宮内膜症の治療に用いられることも多いといわれています。そして、この低用量ピルとは違い、中用量ピルは、堕胎薬として使われることがあります。堕胎薬のピルは、別名アフターピルとも呼ばれ、危険日に性交渉を行い膣内で射精をしてしまった場合など、72時間以内に服用すれば、妊娠を回避させられることが報告されています。しかしこの堕胎薬は、含まれるホルモン量が多いため、強い吐き気や頭痛などの副作用が生じることがあり、覚悟は必要です。またこのアフターピルを取り扱っているクリニックはまだまだ限られているので、緊急を要するものでもあるため、普段から低用量ピルを服用し、妊娠しない身体に整えておく方が無難です。ピルは上手に使えば、女性の身体には素晴らしい効果を発揮してくれるものなので、積極的に取りいれて見ましょう。