ピルを上手に使う

entry_img_02ピルとはホルモン作用に働きかける飲み薬のことです。
日本語訳では経口避妊薬といわれ、ホルモンに働きかけることで、まるで妊娠しているかのような状態を作り出し排卵をストップさせる薬です。
それによって避妊をすることができるのです。
日本では月経困難症の薬として保険適応になり、安全性も確立し薬のデータも豊富なので、医師も安心して処方してくれます。
子宮内膜の出血や増殖を抑える作用もあるので、子宮内膜症の治療薬・予防薬にもなっています。
それ以外の効果として、月経前症状を楽にし排卵痛を抑え、肌も綺麗にし吹き出物やニキビも少なくなります。
また、月経量が少なくなるので貧血を防ぎ、月経が順調になってホルモンが安定するため、気分や体調も安定して生活しやすくなりますし、更年期障害が楽になるメリットもあります。
もちろん、きちんと飲めば避妊にもなりますので、思わぬ妊娠をしてしまう心配もなくなります。
癌になりやすくなるということもありません。
乳がん治療中の方や、血栓症や心筋梗塞を起こしたことのある方、長い間多量の喫煙をしている方は服用を控えたほうがいい可能性が有り、医師との相談が特に必要となります。
ピルを上手に使うことで、健康を守る大きなメリットがあります。
処方は医師が行ってくれますので、婦人科を受診してください。