中絶したあとの生理痛とピル

中絶は、望まない妊娠であった場合や、病気などの理由で妊娠を中断しなければならない場合に胎児を体外に出してしまうことです。中絶をした場合には、大なり小なり身体への悪影響があり、多く見受けられるケースとしては、生理痛が強くなったり生理時の出血が多くなるといったケースがあります。また生理そのものが不順になるケースもあります。
これらの中絶後の身体の不順を治療するのに利用される薬のひとつが、経口避妊薬であるピルです。ピルは本来は避妊を目的として服用するものですが、同時に生理時の生理痛や出血を軽減するといった作用があります。この理由としてはピルの働きが妊娠に必要なホルモンの分泌を妨げるためで、同時に妊娠に必要な生理現象である生理を抑制するためです。このため、生理そのものを抑制するので、生理痛などの作用が軽減される仕組みです。
一方で、ピルの特長としては定められた時間に必ず飲まなければ効果がないという点にあります。基本的には1セット28日間の避妊期間を目指すもので、21錠タイプであれば、1錠を21日間続けて7日間服用を休むという仕組みになっています。この場合には、服用期間の休憩があるため再開時に服用し忘れるというリスクがあります。28錠タイプでは、毎日服用しますが順番に服用していく必要があり、最後の7錠がホルモンの含まれない錠剤となっています。メリットとしては飲み忘れを防ぐことができるという点です。なお、原則として毎日服用することが求められ、途中で飲み忘れると効果がなくなるリスクがあります。
また飲みはじめも月経が始まった最初の日から飲み始めるのと、月経が始まって最初の日曜日から飲み始めるといった方法があります。